トレンドポケットではIT関連、ソーシャル、面白いニュース、便利なサイト,ダンスなどを紹介しています。

Youtube

Youtubeで動画を投稿する際に、著作権によって使えない曲の確認方法

投稿日:2014年12月16日 更新日:

youtube-music-okorno
Youtubeで生計を立てている人、また、これから動画を投稿していこうという方に必見です。

音楽の著作権

Youtubeパートナーズでは、著作権問題により使える曲と使えない曲があります。その際に動画を投稿しても音楽によって収益化されなかったりと悩んでいる方も多いのでは?

そもそも著作権者には、アップロードされた動画の対応策がいくつかある。

動画全体をブロックする
一致する音声をミュートする
再生に関する統計情報を追跡する
広告が表示されるようにして収益化する

こういった動作により、投稿者は動画をアップロードしてからしか利用可否の確認ができなかったが、今回は選曲時に可否の確認ができる方法を紹介します。

広告

やり方

利用可否の確認は、Youtube側でサポートしており「アーティスト名」または「曲名」がわかっていれば簡単である。
まずは、「マイチャンネル」から「動画の管理」まで進みましょう。

クリエイターツール」の一番下にある「作成」をクリックすると、「オーディオ ライブラリ」があるのでそちらを選択。
youtube-music-okorno01

次に、「無料の音楽」「広告をサポートする音楽」「効果音」の3つの内の「広告をサポートする音楽」を選択しよう!
youtube-music-okorno02

すると、選択した曲の詳細が確認する事ができる。たとえば、有名な曲「Gangnam Style」だと動画は再生できるが、収益化する事ができないという事が確認できる。
youtube-music-okorno03

曲名もしくはアーティスト名のどちらかわかれば、このように確認できるため便利である。

注意点

もし、使える曲があったとしてもあとで変更される可能性があるという事だけは、知っていてほしい。極力自分自信で作曲するかもしくは、Youtubeで無料で提供されている「無料の音楽」もしくは「効果音」を利用したほうが無難である。

また、テレビ番組の録画などをYoutubeでアップするのも著作権に引っかかる為、注意しよう!




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Youtube

執筆者:

主にIT関連やストリートダンス関連の情報を発信していくブログです。面白いものやカッコいいと思うものを記事として更新していきます。