趣味ブログ

不動産業

不動産投資の電話営業で結果を出せていない人への改善点など

投稿日:

mansion-result-improvement
不動産投資の電話営業で入社間もなく結果を全くだせていない人へ少しでも役に立てばと思います。改善をしていった点など。

広告


不動産投資の電話営業

投資用マンションでの電話営業で結果をなかなかだせていない時の改善点などを記事にして行こうと思います。私も最初の2ヶ月まではアポイント件数がゼロで結構悩んでいました。上司にはセンスがないだとか思いやりがないとかを言われモチベーションが下がり負の連鎖に陥ってる時もありました。

そんな中、課を移動しやり方を変える事で自然とアポイントは取れていけるようになりました。不動産の仕事はやりたいけど、テレアポは向いてないかも営業は向いてないかもと悩んでいる人に自分が改善していった点を綴り参考になれば嬉しいです。

前提に基本はアポイントは取れない仕事です。ただ、そんな中でも取れる人は取れるんです。本当にセンスがないのかもしれないですし、やり方が悪いのかもしれない。いろいろと意見はあると思います。私はやり方が悪い人が大半だと思います。

だって、少なからずテレアポしている人は営業する前提で就職してきている訳ですから、面接を切り抜け、友達ともコミュニケーションをとれている人だからです。本当にセンスがない人はコミュニケーションが苦手な方です。でも、面接などでそこは見抜かれすでに落ちている人です。

この業界でやっていきたい人は、やる気はあるので十分に伸びしろはあります。やり方を変えて結果をだしていきましょう。

営業マンはマメさが大切

まず、飛び込み営業が初めてだった私が改善した点はマメさを意識する事です。トップ営業マンであればあるほどマメさを大事にしています。私は全くできていなかったなと思います。

300件から400件電話して少なからず、日を改めて電話をする人、時間約束して電話をする人と全然見込めない人でも机に付箋を貼り付けて自分に意識させ電話で1%でも可能性を感じれば積極的にかけていきました。

面白い事に何度も電話する事で忙しい方でも少し話してくれるようになり見込める人に繋がったりするものなのです。また、見込み客からアポイントに繋がった事もありました。

その他にも、何を伝えて何を言われたかもメモし丁寧に電話をする事も意識しました。この人ちょっと断ってるけどいい人かもと感じる人がいればメモをし積極的に電話していきましょう。

広告

見込める客でのトークは書き出し

一番自分自信を変えれたのはトークの書き出しではないでしょうか。主旨を伝え、次の電話約束できた人には紙に最初から話した事から電話を切るまでの流れのトークを話した事そのまま書き出す事です。

電話営業は反省と改善の連続の作業です。書き出す事によって、切り返しトークを上司に相談できたり、もっとこうすればよかったと反省する事もできますし、次電話する時は議事録のように書き出しているので電話する前の作戦をたてたりしやすいのです。

同じトークや切り返しでは絶対相当な良い人がいない限りアポイントは取れないでしょう。アポイントが取れないという事はトークや切り返し、トークの間などができていないのです。トークの悪いところを改善が一番しやすいのではないでしょうか。

まだ、やっていない方は試しにやってみて下さい。そして、わからないところは上司に相談するのです。

気遣いを意識

気遣いの意識を強める事によってトークを次に繋げるのに重要な点です。対面ではなく電話なので、ほとんど雰囲気ですがその中でも意識をすれば読み取れる部分は見えてきます。

例えば、電話先で外がざわついてたりしてたらわかりますよね?その時は「今忙しいですよね?」と気遣う事で相手から「そうですね。また改めてください。」と言葉を頂くので「何時ぐらいでしたらお邪魔にならないですか?」と繋げて時間を約束する事ができます。相手にも良い印象を与えれますし、次回の電話に繋げる事もできますので意識は大切です。

当たり前の事かもしれないですが、上司に詰められたりすると忘れがちになるもの。アポイントを取ろうとする意識が強すぎで自分本位の電話になります。

忘れてはいけないのが、相手は仕事中に電話をとってくれている事です。忙しい中相手をしてくれているので、相手を気遣う意識を強めましょう。

成功のテレアポトーク

これも可能であればなのですが、成功のテレアポトークを聞く事でかなり自信がつきます。上司に相談し録音されている見本になるようなトークを聞けるのであれば相談してみる事です。

取れないイメージから取れるイメージに変わり参考になるトークをメモし自分のものにしアポイントに繋げやすくなります。アプローチの部分で「マンション経営」と伝えるとガチャ切りは当たり前ではありますが、上手い人はそこから切り返しアポイントに繋げたりしています。

ぜひ、聞けるのであれば聴きましょう。

日々同じ作業ではアポイントは取れない

コツコツと同じ事をしてても結果は見えてきません。日々、反省と改善点を見つけるのが結果を出す一歩です。こんなに頑張って電話しているのに、結果がでないと悩んでいる人は、まずは自分自信のトークや行動を見直す事です。

この記事を読んで以前の私みたいに悩んでいる人に少しでも参考になればと思います。私も仕事には真面目に取り組む性格なので、取れない時を振り返ると同じ作業をずっとやってたし、トークも自分本位だったなと今なら思います。

悩んでて改善策が見つからない人はぜひ参考に。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-不動産業

執筆者:

主にIT関連やストリートダンス関連の情報を発信していくブログです。面白いものやカッコいいと思うものを記事として更新していきます。

スポンサーリンク