トレンドポケットではIT関連、ソーシャル、面白いニュース、便利なサイト,ダンスなどを紹介しています。

不動産業

投資用マンションの営業に勤めて辛いと思ったことや感じたこと

投稿日:2015年12月6日 更新日:

mansion-investment-job-felt投資用マンションの営業にこれから就職しようと思っている方の参考になればと思います。働き初めて間もないですが思ったことや感じたこと

投資用マンションとは?

俗に言われるマンション経営と言われているオーナー事業です。マンションを購入してそれを第三者に賃貸し家賃収入を得ていく事を言います。 ほとんどの方がローンを活用してマンション経営を始めローンの返済は家賃収入でほぼ補えるため、小額の資金で簡単に始める事が出来るというもの。

会社によってやり方は様々だと思いますが、私が勤めている会社では優良企業や上場企業に飛び込みで電話営業をしアポイントを取って営業していきます。定番なやり方だと思いますが、とても根性のいる仕事です。

不動産事業は完全に実力主義な為、学力がなくても就職がし易く始めることができる職業。基本給も高く、なにより歩合が高い為、マンションが売れれば売れるほど稼げる仕事です。

ある事をきっかけに投資用不動産の職に就く事になった私が、勤め初めて思ったことや感じたことを記事にしていこうと思います。まだ、勤めて間もないですが凄く入れ替わりの激しい職業ですので、これから勤めてみようと思っている人や既に勤めている人の参考になればと思います。

考え方は人それぞれなどであくまでも参考で。

作業内容

作業内容としては、まずはひたすら電話です。1日平均300件から400件電話する流れになります。その中で繋がる件数は100件行けば良い方でしょう。繋がったとしても、「忙しい」「興味ない」「結構」と冷たく言われガチャ切りが普通。もっといえば面倒なクレームや怒鳴ってくる人もいます。

それもそのはず、仕事中に電話してマンション経営の話なんて聞くわけがありません。逆の立場であれば、本当に迷惑だと思います。ただ、その中でも断っても電話を切らない人や話の内容を聞いたことがない人がいるので良い人がいれば断り文句があっても切り返しでアポイントを取っていきます。

重要なのは、思いやりです。相手が今どんな気持ちなのかを声で察知をしトークを進めていく事。相手を気遣うのは営業の基本です。自分本位が強いとすぐ切られます。

思いやりと声のトーンやタイミング、あとは切り返し力です。基本的に断りから入ってくるので、その人にあった上手い切り返しをしていけばスムーズにアポイントを狙っていくイメージです。

スクリプトは渡されるが、それを崩し独自のキャラや派手なやり方で取っている人もいます。基本切られてもいちいち落ち込まない事が大事です。

アポイント調整ができれば、最初は上司と同行し営業のノウハウを身につけていくという流れです。電話だけで一見楽そうではありますが、本当に合わない人は合わないですし、大変です。

広告

自分自信の目的が大事

どんな仕事でもそうなのですがこの職業に関しては特に将来のライフスタイルをどのようにしたいかが重要です。人それぞれ目的はあると思います。とにかくお金儲けしたい人就職して生活を安定させたい人ある程度稼げて自由なライフスタイルを送りたい人とライフスタイルはいろいろとありますが。

この三つの中で、一番不動産の営業に向いている人はとにかくお金儲けしたい人だと思いました。その理由もとにかく結果を出せば稼げるからです。お金に貪欲だったり、危機感をもっている人ほど結果をだしていると思います。目的は稼ぐことで明確なのでどんなに辛いことがあっても切り抜ける力があるからです。

これから就職しようと思っている人はまず自分自信のライフスタイルを見つめてみましょう。とりあえず、興味がある方はアルバイトでも雇っているところはあるのでそれから正社員も悪くないでしょう。場所によっては、すぐに辞めることも可能です。

環境作りを上手くしていく事

次に大事なのが、会社内の人付き合いです。これも、どの職場でも大事な事でもありますが凄く大事です。単調に電話をかけて同じトークしてもアポイントが取れないのがこの仕事です。工夫して時代にあったトークをする事が必要です。

自分で考えて取れる人もいれば取れない人もいます。もちろん取れる人は結果が出ているので、自信も付き自然と環境は整っていくのですが、取れない人はどんどん落ち込みに走っていく傾向が強いです。もう瞑想に入って、自分には向いてない自分はダメだ、才能がないと落ち込んでいきます。

環境作りを上手くしていれば、相談もしやすいですし、辛い事はみんな知っているのでサポートに入ってくれたりアドバイスくれたりしてくれます。取れなくて当たり前の世界なので、上手くやりくりしていく事が大事です。

一人で黙々と作業をしたい方は、不動産投資の仕事は向いていないです。

お金よりも大事な事

私も正直本当に落ち込むとこまで、落ちた経験をしました。その経験をした事で学んだ事があります、お金より大事なものは自分自信です。当たり前の事ではありますが、凄く大切だと感じました。

不動産業界で体育会系の職場なので「やってやるぞ!どんなに辛い事があっても切り抜けてやる!」と思って入っている人はいます。ただ、辛さを肌で感じ人間は弱いもので落ち込む人は落ち込みます。意気込みや責任感が強ければ強いほど、落ち込んだ時のギャップは強く鬱に近い状況に追い込まれる事もあります。

ただ、鬱に近い状況に入ると本当になにもかもが逆に上手くいかなくなり、人にも会わず、家に引きこもり、それでも現状を打破しようとリフレッシュしてるようにも気持ちが落ち着かずリフレッシュ出来ず、大変な事になります。鬱になったらもっと危険です。回復するのにも時間がかかります。

人には向き不向きはあるものです。そうなる前に辞める決断をする事。辞めるのも勇気はいりますが自分の体は大切にしてあげましょう。根性なしと言われるかもしれませんが、関係ありません。自分の人生なので体裁は気にしてはいけません。

ちなみに私は一度は辞める決断をしたのですが、「課を変えてみてもう一回挑戦してダメと感じたなら辞めなさい」と言われて課を変えるとアポイントも取れ結果は少しずつ右肩上がりになりなんとか回復しました。今は周りの方に本当に助けられています。これはあくまでも参考に。

これから始めようと思っている人、すでにやっている人

感じた事や思った事を記事にしてみました。これから、考えている人に少しでも参考になれば嬉しいです。また、すでにやっていて本当に鬱に近い状況まで追い込まれている人は、辞める事を決断しましょう。人生の可能性は不動産だけではありません。あなたにあったやり甲斐のある仕事はたくさんあります。一緒に頑張りましょう。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-不動産業

執筆者:

主にIT関連やストリートダンス関連の情報を発信していくブログです。面白いものやカッコいいと思うものを記事として更新していきます。