趣味ブログ

WEBサービス

Gmailが公式にメール送信後の取り消し機能の追加と注意事項。

投稿日:

gmail-transmission-cancellation-i
Gmailで誤った送信メールを取り消しができるよう公式に対応されることになりました。デフォルト機能ではなく設定が必要。

広告


送信取り消し機能

誤って送信したメールを取り消しが可能になりました。こちらは、デフォルトで付いているのではなく設定が必要です。私も会社用だったり捨てアドレスとGmailアカウントはいくつか持っております。

特に会社先に変身する時は、細心の注意を払っていつも送信を心がけていますのでこの機能がつくと送ったメールを取り消すことができるので安心できそうです。

さて、この「送信取り消し機能」が追加と大きく発表されていますが、まだまだ使える幅は狭そうです。注意点も含めて記事に綴っていこうと思います。

設定の仕方

Gmailの受信トレイの画面の右上にある「設定」のアイコンから「設定」を選択します。少し下へスクロールすると「送信取り消し機能を有効にする」とあるので、左のチェックボックスにチェックを入れます。送信の取り消せる時間を5秒から30秒まで設定が可能です。

gmail-transmission-cancellation01

「変更を保存」すると機能が使えるようになります。画面の上部にこのメッセージが出て来れば大丈夫です。逆に出てこなければ、設定がきちんと行えていないので、捨てアドレスなどにテストでメールを送信してみましょう。

gmail-transmission-cancellation02

「取消」をクリックすると送信メールの取り消しが完了しそのまま下書きへ保存されます。

現在はWeb版限定の機能

スマホでのiOSでしたり、Androidの「Gmail」アプリは存在しますが、そちらで「送信取り消し機能」の利用はできません。スマホが普及しパソコンを持たない人たちも多くはないですがアプリでは未対応。

また、私はパソコンはMacを使っておりよくGmailを「メール」の純正アプリを利用しています。Gmailと紐付けをすれば、あらゆるアカウントを一括で管理することができるので、活用しています。

gmail-transmission-cancellation03

ですが、「メール」アプリを使って送信しても「送信取り消し機能」を使うことができないので注意が必要です。Web版以外では安心して利用しないよう注意してください。

メールやメッセージ機能がついているアプリに「取り消し」機能がほしい

私の願望ではありますが、メールやメッセージ機能がついている全てのアプリやWebサービスにこの機能がほしいです。特にSNSで今は誰もが連絡ツールとして活用しているLINE。

私は友達にLINEで何度も誤送信したことがあります。特に先輩や上司に送る時に文章が途中で改行しようとした時に誤って送信をしたりと。。それはそれは、Gmailよりも経験がたくさんあります。

LINEに早くこの便利な機能が付くことを願っています。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-WEBサービス

執筆者:

主にIT関連やストリートダンス関連の情報を発信していくブログです。面白いものやカッコいいと思うものを記事として更新していきます。

スポンサーリンク